「研究」カテゴリーアーカイブ

理研シンポジウム 計算創薬の近未来像

『理研シンポジウム 計算創薬の近未来像』

開催日時: 平成28年12月8日(木)13:00−18:00
場所:理化学研究所 鈴木梅太郎ホール
* 交通手段は下記ホームページをご覧ください.
http://www.riken.jp/access/wako-map
主催:理化学研究所 情報基盤センター

創薬分野でのHPCの利用が進み、創薬プロセスに貢献しています.
我々は,「創薬プロセスとHPC」のこれからについて, 関連分野の
専門家を招き、調査研究委員会を組織いたしました。
調査研究委員会では、創薬現場からの要望やHPCの利用状況を調査しその分析を行ってきました。
このシンポジウムは、調査研究の成果であるロードマップを紹介し、創薬プロセスに関連する有識者とのディスカッションを行う場として企画しました。

[プログラム]
***********************************************************************
13:00-13:05 開会の挨拶 姫野龍太郎(理化学研究所)
13:05-13:25 本シンポジウムの概要説明 北村一泰(摂南大学)
13:25-13:55 医薬品の研究開発の概要 大田雅照(中外製薬)
13:55-14:10 創薬の実際(1)標的分子の設定とスクリーニング 小田晃司(大正製薬)
14:10-14:25 創薬の実際(2)物性・動態・安全性を改善するためのインシリコ手法 粕谷敦(第一三共)
14:25-14:35 創薬インシリコ技術は何を目指すべきか 大田雅照(中外製薬)
-休憩-
14:45-15:05 創薬の物理化学現象を計算するための検討(MD編) 池口満徳(横浜市立大学)
15:05-15:25 創薬の物理化学現象を計算するための検討(MO編) 中田真秀(理化学研究所)
15:25-15:45 高分子(抗体)創薬における計算科学 白井宏樹(アステラス製薬)
-休憩-
15:55-16:05 次世代の計算創薬プラットフォームの実現 奥田基(高度情報科学技術研究開発機構)
16:05-16:35 計算創薬プラットフォームを支えるスパコンの動向 住元真司(富士通)
16:35-17:05 インシリコ創薬から期待される計算創薬プラットフォームとは 泰地真弘人(理化学研究所)
-休憩-
17:05-17:25 将来の創薬を支える次世代の計算創薬プラットフォーム 奥田基
(高度情報科学技術研究開発機構)
17:25-17:40 将来展望と創薬へのインパクト 大田雅照(中外製薬)
17:40-17:50 まとめと閉会の挨拶 姫野龍太郎(理化学研究所)
-休憩-
18:00-20:00 意見交換会(広沢クラブ)
***********************************************************************

[問い合わせ先]
独立行政法人理化学研究所情報基盤センター
〒351−0198埼玉県和光市広沢2−1
e-mail: reception_accc@riken.jp

[参加申し込み]
参加申込: 参加費は無料です。(意見交換会は会費4000円です)
定員になり次第締め切りますので、お早目のお申込みをお願いいたします。
下記の参加申込フォームをご記入の上,事務局メールアドレス
(reception_accc@riken.jp) まで12月6日までにご連絡ください。

[個人情報に関する取扱について]
ご記入いただいた個人情報は,参加者の集計および主催者からの連絡に利用させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<理研シンポジウム  参加申込フォーム>
(*) は必ずご記入をお願いします。
お名前 (*)        :
所属 (*)          :
メールアドレス (*):
郵便番号          :
住所              :
電話番号          :
ファクス番号      :
意見交換会(参加費4000円)(*): 参加・不参加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そば職人の動作解析

情報基盤センター計算工学応用開発ユニットでは、ヒトの動作計測を行い、そのデータ解析を行うことで、パフォーマンス向上や脆弱性の予測を可能とするシステムの研究開発を行っています。
その事例の一つとして、”そば職人の動作解析”を実施いたしました。

実施報告会をセミナーとして以下の予定で開催いたしますので、ご興味のある方は下記連絡先までメールでご連絡くださいませ。

なお、座席に限りがあるため、先着順とさせていただきます。

日時:4月18日 15:00~17:30
場所:情報基盤棟1階 4Dシアター
座席数:30席

プログラム
1. 15:00-15:30 そば打ち実演
2. 15:30-15:45 計測に至る経緯と目的と計測体制について:姫野
3. 15:45-16:00 計測に至る準備:野田
4. 16:00-17:00 計測結果報告:奥野、姫野
5. 17:00-17:30 そば打ち実演

連絡先:情報基盤センター計算工学応用開発ユニット 野田 茂穂
shigeho at riken.jp) atを@に変換してください。

計算工学応用開発ユニットHP開設

計算工学応用開発ユニットのHPを開設しました。

計算工学応用開発ユニットでは、理化学研究所の研究者を始めとして、社会で必要とされる現実のいろいろな問題を、コンピュータシミュレーションや情報処 理、データベースによって解決する事を目指しています。

参考

情報基盤センターHP

情報基盤センターの研究紹介